10月から不課税扱いの海外ネット配信にも消費税、iTunes/AppStoreには影響無し

当サイトの記事には広告が含まれます。

Kaigai tax 02

2015年10月1日より、これまで不課税扱いだった、海外事業者による日本国内でのインターネットサービスやデジタルコンテンツの配信にも消費税が課されるようになります。(2015年現在で8%の課税

各種インターネットサービスの有料プランや電子書籍、音楽、動画、アプリ、ゲーム等デジタルコンテンツの価格に影響があるということで、気になるところ。大手ではAmazon Kindle、AdobeDropboxEvernoteSteamOriginなどが挙げられます。

iTunesやApp Sotoreには影響無し!

日本のiTunes Store / App Store / Mac App Store / iBooks Storeについては、米国のAppleではなく、東京にあるiTunes株式会社によって運営されているので、元々課税対象であり今回の影響は受けません。Google Playについても、元々アプリの価格に消費税が含まれているので影響はありません。

10月1日より消費税の課税対象になる各サービスの対応

有料サービスの価格に課税する方法をとるものと、ユーザー側が納税するリバースチャージ方式をとるものに分かれています。

関連するエントリー

PR

 U-NEXT 31日間無料体験!

国内最強のサブスク動画配信サービス。実際に使ってみてわかる配信作品の豊富さとコアっぷり!料金分の価値は確実にある。まずは間無料体験でお試しで。