ColorWareが、Machintosh風デザインの「iPhone 7+ Retro」を1,899ドルで発売

IPhone7Plus Retro 02

ガジェットペイントサービスのColorWareが、iPhone 7 PlusをMachintosh風にデザインした「Apple iPhone 7+ Retro」を限定発売しています。

ベージュのカラーに7色のAppleロゴ。
排気穴を再現したストライプ。
最初の25台のみナンバリング入り。
SIMフリーの256GBモデルで、価格は1,899ドル。

 続きを読む

MYNUS、「iPhone 7」のカメラ部分のみを保護するリアバンパー

IPhone7 MYNUSBUMPER 01

MYNUSより、ちょっと変わったアイテムとして登場した「iPhone 7 REAR BUMPER」。

「iPhone 7」のカメラレンズ部分のみを保護するバンパーで、素材はエラストマーにラバーコーティングを施したもの。保護ケースに入れずに「iPhone 7」を使っているユーザーをターゲットとした製品になります。

突出したカメラレンズ部分の段差を埋めることで、机に置いたときの安定感が増すとか、手に持ったときのグリップ感がアップする、といった小さなメリットもあり。

 続きを読む

輪ゴムみたいに細いけど頑丈、自転車用スマホマウンター「CYCLYK」

CYCLYK SmaphoMount 02

iPhoneなどのスマートフォンを、自転車のハンドルにマウントできるアイテム「CYCLYK」が、Kickstarterで出資を募っています。

まず、見た目のインパクトが凄いですね。
輪ゴムでやってんのか?と思うくらい細くて、振動で外れないのか?すぐ切れたりしないのか?と心配になってしまいますが、素材は高品質シリコン製で、伸縮性や耐荷重性はかなりのものだそうです。実際にMTBに付けたテスターが、ダートでガンガン走っても大丈夫だったくらいなので、普通に使う分には問題無いでしょう。

 続きを読む

ZEISSの2倍望遠/広角0.6倍レンズをiPhoneに取り付け「ExoLens with Optics」が発売

ExoLens ZEISS Mutar 01

iPhoneに、ZEISS(カールツァイス)の望遠レンズ広角レンズが取り付けられるキット「ExoLens with Optics by ZEISS Mutar」が、Apple Storeに新しく登場しています。

望遠レンズは2倍、広角レンズは0.6倍のワイドコンバージョンレンズ。重さはどちらも365g。

レンズを本体に取り付けるブラケットは、以前のタイプよりもかなり小型化され、良くあるクリップレンズとそう変わらない大きさです。その代わり三脚穴はありません。対応している機種は、Phone 6/6s、iPhone 6 Plus/6s Plus、iPhone 7(デュアルレンズカメラのiPhone 7 Plusには非対応)。

販売価格は、望遠レンズが29,000円、広角レンズが25,000円(税別)。

 続きを読む

iPhoneをステディカムに、折りたためる電動式スタビライザー「Steadicam Volt」

Steadicam VOLT 03

iPhoneやAndroidをステディカムとして使えるようになる、スマートフォン向けの1軸式スタビライザー「Steadicam Volt」。

電動式のスタビライザーですが、内蔵バッテリーが切れても機械式スタビライザーとして使える機構になっています。バッテリー駆動時間は約8時間ということなので、一般的な用途であればバッテリー切れのまず心配無さそう。

 続きを読む