Touch ID付きMagic Keyboardが単体発売、価格は妥当か?

Apple MagicKeyboard TouchID 02

M1 iMacに同梱されているTouch ID搭載の新しいMagic Keyboardが、単体での発売を開始しています。

製品名は「Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard」。

その名の通り、対応するデバイスはmacOS 11.4以降を搭載したAppleシリコンMacとなっていて、Touch IDを使う場合はこの条件下でしか使うことはできません。

 続きを読む

人は普段と違う行動でミスる、忘れ物防止にTo-Doアプリを活用しよう

人間は、普段と違う事をするとミスをしやすい傾向があります。

初めての場所に行く時や、何かトラブルがあり通常通りに事が進まない時など。

普段と違う行動を取る日には、忘れないように予めメモっておくようにしています。

Taskkanri todo 02

そんな時に使えるのがTo-Doアプリ。

今は「Microsoft To-Do」を使っていて、このアプリの今後の予定というリストを利用します。

 続きを読む

UQ mobileが5Gに対応、料金は4Gと変わらずSIMカードは別扱いに

Uq mobile kurikoshi5G

2021年9月2日より、UQ mobileが5G対応の新料金プラン「くりこしプラン +5G」の提供を開始します。

価格は従来の「くりこしプラン」と同じで、データ容量15GB(制限モード時1Mbps)のプランMが2,728円(税込)。余ったデータ容量は翌月にくりこして使うことができます。通話は22円/30秒。

従来の「くりこしプラン」との違いは、5Gに対応すること。

iPhone 12シリーズのような5G対応端末なら、auの5Gエリアで5Gの次世代高速通信を拾うことができるようになります。

 続きを読む

M1X MacBook Proのモデル番号が商標登録サイトに掲載、数週間後に登場か

M1x macbookpro 2021

新製品の商標登録を行うユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission)のサイトに、Appleの新製品として2つのモデル番号が掲載されたことが確認されました。

例年通りであれば、ユーラシア経済委員会にモデル番号が掲載された製品は、数週間後には市場に登場することになります。

今回新しく掲載されたモデル番号はA2442とA2485で、macOS 12で動作すると明記されていることから、このモデル番号はM1Xチップを搭載した新型MacBook Proの14インチと16インチのものだと予想されています。(ちなみに、現行のM1 MacBook Proのモデル番号はA2338。M1 MacBook Airのモデル番号はA2337。)

 続きを読む

GoogleマップでAからBのルートや距離、所要時間を調べる方法

GoogleMaps customroutesearch 00

地図アプリを使っている時。現在地からのルート検索ではなくて、離れた場所のAからBまでの距離やルートを知りたい時があります。

マップ上の直線距離を算出するWebサービスとしては、マピオンの「キョリ測」が有名ですが、実はGoogleマップにも同様の機能があります。

Googleマップで普通にルート検索するだけだと、現在地からピンをした目的地までのルートになりますが、そこからさらに設定を変えることで、AからBまでのルート、距離、所要時間を調べることができます。

 続きを読む