子供が親のiPhoneでゲームに高額課金、防ぐにはスクリーンタイムで設定を

Appstore gakikakinhenkin

子供が勝手にスマホゲームで高額な課金をしてしまったら?

親の財布からお札を抜き取ってゲームソフトを買う、親のクレジットカードを使ってオンラインで買い物をするといった行為は以前からよく聞く話ですが、ここ最近は、子供が親のスマホでゲームに鬼課金するというケースも報告されています。

インターネット黎明期より、プロバイダーやPCには「ペアレンタルコントロール」という機能が実装されるようになり、子供が閲覧するのにふさわしくないコンテンツをブロックするなどの対策がとられてきましたが、スマートフォン全盛期となり、そういった意識も薄れつつあるように思います。

特にスマホゲームは、子供向けの皮をかぶっていながら課金システムだけは一丁前に実装されているものも多く、未熟な子供は理性をコントロール出来ずに課金してしまう危険性があります。アプリのランキング上位はそういったゲームが独占していることもあって、子供が接触する機会も増えています。

 続きを読む

月額600円で100タイトルが遊び放題の「Apple Arcade」を先行チェック

AppleArcade Pre 04

9月20日より、Apple Arcadeが正式サービスを開始します。
月額600円で100タイトルが遊び放題というサブスクリプションゲーム配信サービス。iPhone、iPad、Apple TV、Macと、複数のAppleデバイスで遊べるにしては安い、かな?

Apple Arcade独占タイトルもいくつか用意されています。

iOS 13やiOS 13.1のベータ版では、9月20日のサービス開始に先駆けて一足早くサービスが提供されているということで、ちょっとチェックしてみました。

 続きを読む

なぜ今?ポケモンGOの会社がハック版を配布していたハッカー集団を訴えた理由

Pokemongoplusplus shutdown 02

ポケモンGOを運営するNianticが、ポケモンGOのハック版などを配布していたハッカーグループのGlobal++に対して、知的財産権を侵害しているとして訴訟を起こしました。

Global++が配布していたのは、Nianticが提供する位置情報ゲームの「ポケモンGO」ハック版であるPokemonGO++や、「Ingress」のハック版であるIngress++など。これらのハック版はiOS向けのゲームアプリのデータを改造したもので(Android向けもあるようです)、無料で配布されていました。

位置偽装はもちろんのこと、マップ上を自由に高速移動できる機能が実装されていて、位置情報ゲームとしての体をなしていないチートツールですが、ポケモンGOの全盛期にはかなりの利用者が居たようです。

でも、ポケモンGO全盛期ではなく、なぜ今になって法的に訴えることになったのでしょうか?

 続きを読む

iOS 13でサポートされるDUALSHOCK 4、PS4リモートプレイも

PS4DUALSHOCK4 on iOS13 01

iOS 13では、待望のゲームコントローラーのサポートが実装されます。

PS4の「DUAL SHOCK 4」やXbox Oneの「ワイヤレスコントローラー」をBluetoothでペアリングしてゲームプレイに使えるようになります。コントローラーをペアリングモードにすると、Bluetoothデバイスとして検出されるのでペアリングするだけ。これで、変なメーカーの使いにくいコントローラーは投げ捨てて、ちゃんとしたコントローラーでプレイできるぜ!

というわけで早速、iOS 13を使ってPS4でリモートプレイしてみた動画がTwitterにアップされています。

 続きを読む

Wi-Fiのない場所でApp Storeのダウンロード制限、150MB→200MBに緩和

Mobiledata 200mbover

App Storeのダウンロード制限が、150MB→200MBに緩和されています。

App Storeでは、携帯電話のデータ通信を使って容量の大きなアプリやゲームをダウンロードしようとしたユーザーに対して、パケ死ギガ死を防ぐために、Wi-Fiでダウンロードするように促す注意文を表示しています。

Appのサイズが200MBを越えています

今回、150MBから200MBに緩和されたことで、Wi-Fiが無い場所でも200MBまでのアプリやゲームならダウンロードすることができるようになりました。

App Storeのダウンロード制限が緩和されるのは、2017年に100MB→150MBになって以来です。

 続きを読む