iPhoneを一瞬で強制再起動、簡単なブラクラの手口が公開される

Ios browsercrash 01

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスを簡単にクラッシュさせる、いわゆるブラウザクラッシャー(ブラクラ)の手口が公開されています。

このブラクラが仕込まれたURLをiPhoneやiPadで開くと、カーネルパニックを起こしてデバイスが強制再起動されます。

方法はすごく単純で、<div>タグを大量に入れ子にするだけ。
<div>タグには、CSSでブラーエフェクトをかけて、サイズは10000 x 10000pxに指定。それを大量に入れ子にすることでクラッシュさせるというもの。

 続きを読む

秋に発表される低価格「MacBook」は高ppi、新型「Mac mini」はプロ向けにアップグレード

Macmini2018 rumor

2018年に発売されるという、低価格の「MacBook」新しい「Mac mini」についての情報をBloombergが伝えています。

低価格の「MacBook」はより高解像度に

低価格の「MacBook」については、「MacBook Air」と似たデザインで13インチ。
どうやら、これまでにあった低価格の「MacBook Air」の噂は、この「MacBook」のことを指していたようです。

従来のモデルよりも画素密度が細かい高ppiのRetinaディスプレイが搭載され、ディスプレイのベゼルはより薄型になっているのが特長とされています。低価格ということですが、CPUなどのスペックについては言及されていません。

Appleはこの低価格「MacBook」で、低価格ノートPCのシェアを拡大しようとしていると言われています。

 続きを読む

新型の「MacBook Pro」は秋に、低価格の「MacBook Air」は冬に登場予定

Macbookair 2018

WWDC 2018で発表されず、ここ最近はその噂も全く出ていなくなっていた新型「MacBook Air」についての新情報です。

ノートPCのシェアを報告するTrendForceのレポートによると、2018年の第2四半期にAppleは順位を1つ落として6位となりました。この原因として、噂されていた新しい製品(MacBook ProやMacBook Air)が発売されなかったことが挙げられていますが、Appleは第4四半期の初めに新型の「MacBook Pro」をリリース。そして、第4四半期の終わり頃に新型の「MacBook Air」をリリースする予定だとされており、シェアは回復するだろうと予測されています。

 続きを読む

「MacBook Pro」や「iMac Pro」でクラッシュする症状、T2チップの暗号化が原因?

T2chip crash

「iMac Pro」や2018年モデルの「MacBook Pro」に搭載されている「T2チップ」が、クラッシュやカーネルパニックの原因になっているという話。

前のバージョンである「T1チップ」は、2016年に発売された「MacBook Pro」のTouch Barの制御用チップとして初めてMacに搭載されました。その第2世代となるT2チップでは、「Hey Siri」での音声操作を初め、暗号化されたストレージとセキュアブート機能の基盤となるSecure Enclaveコプロセッサも組み込まれています。T2チップがあることで、自動的にストレージ内部のデータはAES暗号化されます。T2チップのみで暗号化されるため、マシンパフォーマンスに一切影響を与えないのが特長とされています。

そんなT2チップが搭載されているのは、「iMac Pro」と2018年モデルの「MacBook Pro」です。そして今回、この2機種のユーザーから、システムがクラッシュしたりカーネルパニックが発生したという報告が挙がっています。

 続きを読む

西日本豪雨の被災者向けに、Apple製品の修理修理サービスが実施、9月末まで

Nishinihongohu applesupport

Appleのサポートページにて、西日本豪雨の被災者向けにApple製品の無償修理サービスが案内されています。

無償修理の対象製品は、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)の被害を受けたMac、iPhone、iPad、iPod、Apple Watch、Apple製ディスプレイ。アクセサリ類やBeatsなどのイヤホン・ヘッドホン製品は対象外です。

無償修理の対象となる方は、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)の災害救助法の適用市町村に在住の個人ユーザー。(販売店や業者の方は対象外となります)

 続きを読む