スケルトンボディの初代iMacが発表されてから20年が経ちました

Imac1st

ティム・クックがTwitterで、初代iMacの発表から20年経ったことをツイートしています。
20周年記念として何か特別なモデルでも出るのか?と思ったら別にそういうことはなく、単にツイートしただけでした。ティム・クックらしいや!

1998年の5月6日に発表された初代iMac。
同じ日に産まれた子供は、もう成人なんですね。

スケルトンボディのインパクトがあるiMacは、低迷していたAppleが復活するきっかけとなったモデルです。

 続きを読む

Retinaディスプレイ搭載の新型「MacBook Air」899ドル〜今年後半に登場

Macbookair 2018Q2

6月のWWDC 18で発表される予定だった新型「MacBook Air」が、今年後半に延期されることがサプライチェーンからの情報として伝えられています。

延期の理由は生産上の問題。

2018年モデルの新型「MacBook Air」は、Retinaディスプレイを搭載。CPUもアップグレードされながら、価格は999ドル→899ドル(もしかすると799ドル)に大幅値下げされると推測されています。

 続きを読む

13インチMacBook Pro(Touch Bar非搭載)でバッテリー膨張の恐れ、無償交換プログラムで対応

Macbook 13inch support

Appleの無償修理で、13インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) バッテリー交換プログラムが開始されています。

2016 年 10 月〜2017 年 10 月までの間に製造された「13インチ MacBook Pro(Touch Bar非搭載)」が対象で、コンポーネントの故障により内蔵バッテリーが膨張する恐れがあるので新品に交換しますというもので、Touch Bar搭載モデルは対象ではありません。

 続きを読む

4月13日より、macOS High Sierraで32bitアプリを立ち上げるとアラートが表示されます

iOSに続き、macOSでも32bitアプリの切り捨てが開始されます。

「macOS High Sierra 10.13.4」で32bitアプリを開こうとすると、下のアラートが表示されるようになります。この時点では32bitアプリは動作しますが、「macOS High Sierra」の次のバージョンのmacOSでは起動できなくなります。

MacOSHighSIerra 32bitalart

このアラートが表示されるのは4月13日の未明から。

 続きを読む

新型「iMac Pro」は早くても2019年登場、こいつが居ればx86版macOSはしばらく安泰?

Imacpro macpro

「iMac Pro」の発売が開始され、Appleのニュースリリースが公開されましたが、そ

昨年末、Appleが開発していることを公式発表した新型「Mac Pro」。

再設計されたアップグレード可能なデザインで、ハイエンドディスプレイとともに登場する予定ですが、その登場時期については、早くても2019年になるとのことです。

先日のニュースで、2020年よりMac製品のCPUをARMに移行させるプランがあることが明らかになりましたが、2019年に登場するとして、わずか1年でIntelからARMへの移行期に突入することになります。

プロユースの製品は、最後の最後までIntelで行くつもりなのか?

 続きを読む