M1 Mac mini用のドッキングステーションがSatechiから登場

Satechi macminihub 02

Satechiより、M1 Mac mini用の多機能ハブが新登場。

Mac miniの下にドッキングさせるタイプのハブで、背面のUSB-Cポートに接続すると複数のポートに拡張できるという周辺機器です。通常、Mac miniのポートは背面に配置されていますが、こちらのハブを使うことで前面にポートを持ってこれるので、使い勝手が向上します。

搭載されているポートは、microSDカードスロット、SDカードスロット、3.5mmオーディオポート、USB-Aポート x 3、USB-Cポート

USBポートはデータ転送用となりiPadを充電することはできません。データ転送速度は5Gbpsとなります。

 続きを読む

Touch ID搭載Magic Keyboardは他のMacで動くのか?M1は動く、Intelは?

Magickeyboard touchid

M1 iMacに付属するTouch ID対応のMagic Keyboard

右上にあるTouch IDキーで指紋認証ができるMagic Keyboardです。

その他、Spotlight、音声入力、おやすみモード、絵文字専用の独立したキーも追加されました。

このTouch ID搭載Magic Keyboardは、現在のところM1 iMacに付属するオプション品として提供されるのみですが、いずれは単体で発売されることになります。

M1 iMac以外への対応はどうなるでしょうか?

 続きを読む

SonnetのポータブルeGPUにRadeon RX 5500XT / RX5700搭載モデルが新登場

Sonnet eGPU Puck RX5700 02

M1チップ搭載のMacBook Air / ProじゃあGPUの性能が全然足りねえ!という人に朗報。

持ち運んで使えるSonnetのポータブルeGPU「eGPU Breakaway Puck」に、新しくRadeon RX 5500 XTRX 5700搭載モデルが登場しました。

Intel MacのThunderbolt 3ポートに接続することで、外部GPUとしてRX 5500 XTやRX 5700が使えるデバイス。コンパクトな本体でモバイル用途や出先での作業にも使えます。

価格はRX 5500 XTモデルが599.99ドル、RX 5700モデルが899.99ドル。

 続きを読む

編込タイプのThunderbolt 3 ProケーブルがAppleより登場、12,800円(税別)

Applethunderbolt3Cable 02

Apple純正品として「Thunderbolt 3 Proケーブル」が新登場しました。

こちらのケーブルが編み込みケーブルであることから、iPhone 12に付属またはオプションとして登場すると言われている、編み込みタイプの「Lightning to USB-Cケーブル」の信憑性もかなり高まって・・・というか、確定したと言って良さそう。

そんな中、ちょっと注目なのが、こちらの「Thunderbolt 3 Proケーブル」の高級っぷり。

なんと価格が12,800円(税別)もします。

 続きを読む

NVMeで爆速のポータブルSSD T7、日本でも発売

PortableSSDT7 01

SamsungのポータブルSSD「T7」が日本国内でも6月から発売開始されます。

先行販売されている指紋認証付きのポータブルSSD「T7 Touch」と中身は同じ。フラッシュメモリがNVMeになり、USB3.2 Gen2接続によりデータ読み出し / 書き込み速度は、最大1,050 / 1,000MB/sまでアップ!

前モデルの「T5」と比べて約1.9倍の速さでデータ転送が行えるようになっています。

名刺サイズの本体は重さ58g。
容量は500GB / 1TB / 2TBから選べます。

指紋認証が特に必要なければ、こちらの方が安価でイイですね。

 続きを読む