SonnetのポータブルeGPUにRadeon RX 5500XT / RX5700搭載モデルが新登場

Sonnet eGPU Puck RX5700 02

M1チップ搭載のMacBook Air / ProじゃあGPUの性能が全然足りねえ!という人に朗報。

持ち運んで使えるSonnetのポータブルeGPU「eGPU Breakaway Puck」に、新しくRadeon RX 5500 XTRX 5700搭載モデルが登場しました。

Intel MacのThunderbolt 3ポートに接続することで、外部GPUとしてRX 5500 XTやRX 5700が使えるデバイス。コンパクトな本体でモバイル用途や出先での作業にも使えます。

価格はRX 5500 XTモデルが599.99ドル、RX 5700モデルが899.99ドル。

 続きを読む

編込タイプのThunderbolt 3 ProケーブルがAppleより登場、12,800円(税別)

Applethunderbolt3Cable 02

Apple純正品として「Thunderbolt 3 Proケーブル」が新登場しました。

こちらのケーブルが編み込みケーブルであることから、iPhone 12に付属またはオプションとして登場すると言われている、編み込みタイプの「Lightning to USB-Cケーブル」の信憑性もかなり高まって・・・というか、確定したと言って良さそう。

そんな中、ちょっと注目なのが、こちらの「Thunderbolt 3 Proケーブル」の高級っぷり。

なんと価格が12,800円(税別)もします。

 続きを読む

NVMeで爆速のポータブルSSD T7、日本でも発売

PortableSSDT7 01

SamsungのポータブルSSD「T7」が日本国内でも6月から発売開始されます。

先行販売されている指紋認証付きのポータブルSSD「T7 Touch」と中身は同じ。フラッシュメモリがNVMeになり、USB3.2 Gen2接続によりデータ読み出し / 書き込み速度は、最大1,050 / 1,000MB/sまでアップ!

前モデルの「T5」と比べて約1.9倍の速さでデータ転送が行えるようになっています。

名刺サイズの本体は重さ58g。
容量は500GB / 1TB / 2TBから選べます。

指紋認証が特に必要なければ、こちらの方が安価でイイですね。

 続きを読む

AukeyからMacBookによく合う多機能USB-Cハブが新登場

Aukey 12in1 USB CHub 04

Aukeyから、12 in 1というちょっと欲張りなUSB-Cハブが新登場。

Apple製品に合うアルミニウムの本体には、USB-AポートやSDカードスロットが搭載されていて、100WまでのUSB PD 3.0充電にも対応。USB PDポートに純正のACアダプタを接続することで、MacBook各種を充電しながら周辺機器を使用することができます。

HDMIポートは2つ搭載されていて、それぞれ最大4K@30Hzの映像出力が可能。

USB-Cポートが2つしかないMacBook Airの拡張性をアップさせるのにも最適な感じ。

 続きを読む

Mac向けの外付けGPUボックス選び、SonnetにするRazerにする?

MacOS eGPU erabi 02

ノートPCのショボいGPUを補う為に、外付けでデスクトップ用パワフルなGPUを取り付けることができるeGPU

外付けGPUボックスをThunderbolt 3ケーブルで接続するだけで、動画編集、グラフィック、VR、ゲームなどGPUパワーが必要な処理で恩恵を受けられるというものです。外付けGPUボックスの中には、電源と基板と冷却ファンがあり、お好みのGPUを基板のスロットに差し込んで使うことができます。

Macの場合、Thunderbolt 3を搭載するモデルで、OSがmacOS High Sierra 10.13.4以降のバージョンであればeGPUが使えます。

というわけで、今回は、GPUがショボいMacBook Air(2018モデル)用の外付けGPUボックスを購入しました。

 続きを読む