macOS SierraのインストールUSBメモリ作成方法

MacOSSIerra InstallDiskUSB 01

ここでは、「macOS Sierra」のインストールUSBディスクの作り方をご紹介しています。

「macOS Sierra」でクリーンインストールを行う時や、トラブル発生時にUSBメモリから起動して、ディスクユーティリティを使って復旧したりする際に必要になるので、とりあえずOSのメジャーアップグレード時には作成しておきたいですね。

使用するUSBメモリは8GB以上あれば十分なので、使わなくなった物で構いません。

まずは「macOS Sierra」をダウンロードしましょう。ダウンロードが完了したらインストールを行わずとも、インストールUSBメモリを作成することができます。

Install Disk Creatorを使う方法

最も簡単なツールがこちらの「Install Disk Creator」。
起動してCreate Installerをクリックするだけです。 

ただ、USBメモリのフォーマットはできないらしく、予め自分でフォーマットを行っておく必要があります。

MacOSSIerra InstallDiskUSB 02

Disk Maker Xを使う方法

お馴染みのツール。
アップデートされた「Disk Maker X 6」より、macOS Sierraにも対応しています。

こちらもフォーマットは予め自分で行っておきましょう。(何故かエラーが出た)

MacOSSIerra InstallDiskUSB 03

MacOSSIerra InstallDiskUSB 04

MacOSSIerra InstallDiskUSB 05

MacOSSIerra InstallDiskUSB 06

MacOSSIerra InstallDiskUSB 07

簡単は簡単ですが、クリックする回数が多いのでちょっと面倒かな?  

ターミナルを使う方法

最も簡単かつお手軽な方法が、結局これです。

MacOSSIerra InstallDiskUSB 08

まず、USBメモリの名前を「Sierra」に変更します。
Finderの場合は、右クリックメニューから名称変更で行えます。 

Spotlightで「ターミナル」を検索して立ち上げ、以下のコマンドをコピペしてreturn、adminのパスワードを入力すれば完了です。USBメモリのフォーマットから、インストールUSBディスクの作成まで自動でやってくれます。

sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Sierra --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app --nointeraction

MacOSSIerra InstallDiskUSB 09

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー