25GBまで使えるクラウドストレージ「SkyDrive」のスマホ用アプリ登場

当サイトの記事には広告が含まれます。

skydrive_for_iphone-1.PNG skydrive_for_iphone-2.PNG

Microsoftのクラウドストレージ「SkyDrive」に対応するiPhoneとWindows Phone向けアプリが、公式にリリースされました。MicrosoftがWindows Phoneと競合するiPhoneアプリをリリースしてきたことで、逆に注目が集まっています。

SkyDriveは、無料で25GBという大容量ストレージが利用でき、その中の5GB分を同期ストレージとして使用することもできるクラウドストレージサービス。使い勝手こそDropboxには及ばないものの、大容量ストレージで勝負しています。

同じく大容量ストレージで売り出し中のSugarSyncNドライブよりは安定している印象ですが、アップロードできるファイルは1ファイル100MBまでという制限があるので、この辺りはトレードオフといったところでしょうか。逆に、その厳正なファイルサイズ制限が功を奏してか、ファイルの表示・転送はスムーズに行われます。

SkyDriveを使う(ブラウザー)

skydrive_browser.png

Windows Live IDでSkyDriveにログインすればすぐに使用可能。
ファイルのアップロードは、ドラッグ&ドロップで行います。

SkyDriveを使う(Windows)

skydriveExplorer.png

Windowsには、エクスプローラーにSkydriveを仮想ドライブとして統合できるソフト「SDExplorer」があるので、ファイルの取り扱いをより便利に行うことができます。

SkyDriveでファイルを同期する(Win / Mac)

SkyDriveは、ストレージ容量の25GBのうち5GBを同期用に割り当てることが出来ます。
同期には専用ソフトの「Windows Live Mesh」を用います。このソフトは、Windows版だけでなくMac版(英語のみ)も用意されていますが、なぜかWindows XPには非対応となっておりインストールが行えないので注意。

livemesh_for_mac1.png

livemesh_for_mac2.png

同期用のフォルダを設定するだけで、自動同期が始まります。

ただし、通常のストレージと同期ストレージは別扱いとなっているので、Live Meshで同期したファイルを、iOSアプリやSDExplorerで見ることは出来ません。

関連するエントリー

PR

 U-NEXT 31日間無料体験!

国内最強のサブスク動画配信サービス。実際に使ってみてわかる配信作品の豊富さとコアっぷり!料金分の価値は確実にある。まずは間無料体験でお試しで。