MediaFireがDropbox風のMac/Winクライアントをリリース

MediaFire Desktop 00

MediaFireが、Mac / Windows用のクライアントアプリをリリースしました。

MediaFireといえば、ファイルをアップロードして第三者と共有するタイプのいわゆる“オンラインストレージサービス” または “アップローダー”として名を馳せましたが、著作権侵害の温床であると問題視されていたサービスでもあります。それが、いつの間にか真っ当なクラウドストレージサービスへと鞍替えしていたようで(そっちの方が儲かるのか?)、今では完全にDropboxを意識したビジネス向けのサービスへと様変わりしています。

ストレージ容量は無料アカウントでも10GBが与えられ、さらにデスクトップアプリからサインアップすると50GBへアップする(らしい)ので、Dropboxよりも容量を確保することができるのが魅力です。

MediaFire Desktop 02

Windows / Macアプリから新規サインアップすると、ストレージ容量が無料で50GBにアップするようです。

MediaFire Desktop 04

追加ストレージの料金プランはこんな感じ。 

MediaFire Desktop 06MediaFire Desktop 07

やっぱり、Dropboxにメチャ似てますね。 

MediaFire Desktop 09

インストールが完了すると、サンプルファイルの同期が開始します。

MediaFire Desktop 10

12GBだと・・・?
クライアントアプリはまだベータ版なので、動作がちょっと安定しない感じがあります。あと、メモリも結構消費します。 

MediaFire Desktop 08

ブラウザビューはこんな感じです。
UIはかなり使いやすいし、見た目もよろしい感じ。 

MediaFire Desktop 11

ファイルの右クリックメニューから共有URLがコピーできます。
ちなみに、無料プランだと共有URLのページには広告が付きます。 

気になるのはこのサービスがいつまで続くかですが、ストレージの料金プランはそこまで採算度外視ではありませんし、MediaFireは“一応”大手なので、しばらくは大丈夫なのではないでしょうか。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited