iOS版「1Password」に新機能、ログイン登録の一新と2段階認証の確認に使えるワンタイムパスワード生成

1Password iOS update 01

iOS版「1Password for iOS」のバージョン5.2がリリースされ、新機能がいくつか追加されました。

まずは、ログイン登録が一新されています。Apple IDやGoogleなどメジャーなものからちょっとマイナーなものまで、数百種類のサービスがリストアップされたことでURLの入力などが必要なくなり、これまでよりも登録し易くなっています。

  • 1Password iOS update 02
  • 1Password iOS update 03

もう1つは、2段階認証プロセスの確認などで使えるワンタイムパスワードの生成に対応したことです。

この機能を使ってGoogleの2段階認証プロセスでの確認コードを生成するには、Googleのログイン情報 > 編集 > One-Time Password からバーコードアイコンをタップして、Google認証システムのバーコードを読み取ります。

完了をタップすると、30秒毎に切り替わるワンタイムパスワードが自動生成されるようになるので、そのコードを入力すると確認されます。

  • 1Password iOS update 04
  • 1Password iOS update 05
  • 1Password iOS update 2factor 01
  • 1Password iOS update 2factor 03

1Password iOS update 2factor 02

Googleアカウント以外でも、MicrosoftアカウントなどのようにGoogle認証システムを利用しているサービスで使えます。 

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited