「10.5インチ iPad Pro」の生産はすでに開始、年間出荷台数は500万台

Ipad pro 10 5inch

台湾メーカーから得たという「10.5インチ iPad Pro」の生産についての情報が、DIGITIMESに掲載されています。

それによると、「10.5インチ iPad Pro」は3月〜4月頃より生産が開始されており、再来月の7月には60万台を出荷予定。2017年の年間出荷台数は500万台に上ると推計されます。「10.5インチ iPad Pro」の発売時期は、早くても7月以降ということになりそうです。

今年アップグレードが噂される「12.9インチ iPad Pro」の方については、生産はまだ始まっておらず、6月頃より生産が開始されるということで、発売は秋〜冬頃になるとみられます。

また、新しい9.7インチ「iPad」が発売されたことで、停滞していたタブレットの需要がやや回復してきているとも伝えられています。先日、「iPad mini 4」が段階的に販売終了というニュースがありましたが、今後は、この新しい「iPad」が「iPad mini 4」の枠を埋めることになるようです。

需要はやや回復したといっても、タブレットの販売台数は年々低下してきています。

Appleはこれに対応するために、エントリーモデルは「iPad」、ハイエンドモデルは「iPad Pro」というシンプルなラインアップに切り替えるつもりなのでしょう。

関連するエントリー