iPhone 11用の保護ケースを手に入れた、本体はまだない

SpigeniPhone11case 01

こちらは、9月20日の発売日に向けて事前に購入しておいたiPhone 11用の保護ケース。

定番のSpigenのハイブリッドケースです。

肝心の本体は、結局、発売日には入手できないことが判明したので、保護ケースだけをチェックしてみましょう。

気になるのが箱にあるiPhone 11の文字。
シールになっていて、その下に元々あった文字がうっすらと透けて見えます。

これって、1つ1つ手作業で貼ったんでしょうか?

ご苦労さまです。

SpigeniPhone11case 02

元々なんて書いてあったのか気になるので、シールをはがして本来の文字をチェックしてみる。

SpigeniPhone11case 03

iPhone 6.1 (2019) という文字が出ました。

iPhone 11というネーミングがまだ決定していなかった頃に作られたケースのようです。

ケース自体は、カメラユニットの開放部分が違うだけで、iPhone XR用のハイブリッドケースと変わりません。それはiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max用ケースも同じ。なので、保護ケース自体は珍しい物でもなんでもなく、見慣れた形の保護ケースになります。

 【Spigen】 iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxケース

長く使うならシンプルなケースが一番ですよね。

SpigeniPhone11casenakami 01

とか、偉そうにほざいていますが・・・

SpigeniPhone11casenakami 02

本体はまだ持ってないっていう。

SpigeniPhone11casereview 01

iPhone 8 Plusを無理やり突っ込んでみた。

SpigeniPhone11casereview 02

iPhone 8 Plus用ケースとの比較。

どちらも同じSpigenのハイブリッドケースです。

iPhone 8 Plusケースの方は1年半ほど使用しているので、こうやって新品を比較しちゃうと、かなり変色しているのがわかりますね。TPUは経年劣化で変色してしまうものなので、気になる人は1年くらいで買い換えるのがベストでしょうか。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー