macOS Sonoma 14.4.1がリリース、USB-CハブやJavaアプリが動作しない不具合を修正

当サイトの記事には広告が含まれます。

MacOSSonoma 1441

macOS Sonoma 14.4で発覚したバグの一部を修正するアップデート「macOS Sonoma 14.4.1」がリリースされています。

このバージョンでは、USB-Cハブが使えないという問題やJavaで作成されたプログラムが強制終了する問題が修正されます。macOS Sonoma 14.4にアップデートしてしまったユーザーは、できるだけ早急に14.4.1にアップデートするようにしてください。

macOS Sonoma 14.4.1の修正点

  • 外部ディスプレイに接続されたUSBハブが認識されないことがある。
  • プロの音楽アプリ用に設計されたコピープロテクトされたAudio Unitプラグインが開かなかったり、検証を通過しないことがある。
  • Javaを含むアプリが予期せず終了することがある
  • 画像を処理することで任意のコードが実行される可能性がある

画像を処理することで任意のコードが実行される恐れがあるセキュリティホールの修正は、「macOS Ventura 13.6.6」と「Safari 17.4.1」にも適用されているので、こちらもアップデートしておきましょう。

関連するエントリー

PR

楽天モバイル