過去にはバックル方式も検討されていたApple Watchバンド

当サイトの記事には広告が含まれます。

Applewatchband proto backletype

製品化されなかったバックルタイプのApple Watchバンドの写真が公開されています。

バンドを挟み込んで固定するバックル方式で、スポーツバンドだけではなくレザーバンドもプロトタイプとして存在しており、製品化される最終段階まで進んでいた可能性があります。

投稿者の@StellaFudgeさんによると、従来のApple Watchバンドよりも手首に固定しやすく取り付けも見た目よりは簡単たといいます。ただ、手首へのフィッティングを調節するのが難しいのと、バックルの製造コストの問題などから、製品化されることなくお蔵入りになったのではないかと予想されています。

単純に見えるApple Watchバンドですが、いろいろと試行錯誤して今のApple Watchバンドがあるんですね。

関連するエントリー

PR

 Kindle Unlimitedで電子書籍読み放題

12万冊以上の電子書籍がアプリやブラウザから読み放題になるサービス。マンガや雑誌も読めるので、気分に合わせた読書が自由にできます。まさに読書好きにとって最高のサービス。今すぐ無料体験を始めてみましょう。