LastPassがハッキング被害の可能性、1Passwordに移行しよう

lastpass.png

パスワード管理サービスのLastPassが、5/3にハッキングされた可能性があるということで、念のため利用者へマスターパスワードの変更を呼びかけています。このLastPassというサービスは、サーバーで暗号化したパスワードを管理することで、インターネットを介してOSやデバイスを問わず使用できるのが強みですが、今回それが裏目に出た形になります。

最悪のケースを想像するとゾッとしますが、LastPassの発表によると、疑わしいアクセスを感知してすぐさまロックしたので、とりあえずはマスターパスワードを変更しておけば安心して良いようです。

・・・といわれても、流石にちょっと不安。
やっぱり、パスワードはローカルで管理するのが賢明かも。

[ LastPass Security Notification ]

LastPassから1Passwordへの移行

というわけで、再び1Passwordのお世話になることにします。

1Passwordはローカルでパスワードを管理するソフトで、しばらくの間はMac専用ソフトでしたが、最近ではWindows版もリリースされています。また、Mac版のみの機能として、Wi-Fi経由でiOSデバイスとパスワードを同期することができるので、MacメインのiPhoneユーザーであればLastPassから移行しても不便に感じることはあまりないでしょう。

1Password(Mac用)へのデータのインポート

lastpassexport_csv.png

LastPassからのエクスポートは“CSV形式”で。

1pass_yomikomi.png

1Password > ファイル > 読み込み > CSV or Delimited Text File で、エクスポートしたLastPassのデータを読み込みます。

lastpassto1pass.png

区切り文字はコンマにして、テーブルの項目を指定します。

1password_import2.png

セキュアノート周りで若干の整理が必要ですが、ちゃんとインポートされました。

LastPassのサーバーからデータを削除するのをお忘れ無く。

1password_browseraddons.png

各ブラウザの拡張機能は、1Passwordの設定で有効にしてからブラウザを再起動すると自動でインストールされます。

1Password(Windows用)へのデータのインポート

1pass1pifexport.png

Macの1Password > ファイル > すべてを書き出し > 1Password交換ファイル で、パスワードのデータを“.1pif形式”で書き出します。

win1pass.png

書き出した“.1pif形式”のデータは、共有フォルダやDropbox等を経由して、Windowsの1Password > File > Import から読み込みます。

win1passimport.png

Dropboxを使った際には、“.1pif”ファイルの削除をお忘れ無く。

iOSデバイスとの同期(Mac用)

iphone1pass_sync.PNG

1Password.appを起動して、More > Settings > Sync > Wi-Fi から同期設定を行います。

上手くいかないときには、MacとiOSデバイスが同じWi-Fiネットワークに接続されていることを確認してから、Wi-Fi Syncを一度オフにしてから再度オンにしてみてください。

iphone1pass_sync2.PNG

次に、iOSデバイス側に表示される2つの認証コードを、Mac側の1Passwordに入力します。
iOSデバイスが認証されると同期が自動的に開始します。

iphone1pass_sync3.PNG

(iPhone用の1Password)

1passwordforipad.png

(iPad用の1Password)

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー