スマートフォンは病原菌の温床、風邪や下痢などの健康被害も? [スマホ]

 Smphone baikin

WSJのスマホは病原菌の温床、異常な数のふん便性大腸菌群が付着というセンセーショナルなタイトルの記事が話題になっています。これは、数年前に公表され話題となったた“キーボードはかなり汚い説”のスマートフォン版といったもので、端的にまとめると以下のような内容になっています。

  • 普段から肌身離さない携帯電話やスマートフォンは、黄色ブドウ球菌や大腸菌の温床になりがち。
  • 付着した皮脂で雑菌がさらに繁殖するが、精密機器なのであまり強力な殺菌が行えないという悪循環。
  • 飲食店など不特定多数が利用するテーブルに直置きした物などを、顔面に近づけたり、枕元でも使ったりすることから、健康被害(風邪・結膜炎・下痢など)がでやすい。
  • UV(紫外線)殺菌を使った携帯電話向けの殺菌装置が登場予定で、新興ビジネス出現の予感。

本体にダメージの無いように保護シートをした上で、アルコール入りのウェットティッシュなどでこまめに拭いていれば、言われているような健康被害が出る心配は無さそうですが、スマホの除菌を習慣化するのは中々難しいかもしれません。

うがい・手洗いと並んで、「スマホふき」は定着するでしょうか?

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー