iOS 8で使える「ATOK for iOS」がリリース、が、iPhoneはフリック入力のみ、物理キーボードは使えないなど制限も

ATOKforiOS 01ATOKforiOS 02

iOS 8で解禁されたサードパーティ製の日本語入力アプリ、その中でも最も期待されていたジャストシステムの「ATOK for iOS」が、いよいよ正式リリースされました。

配信価格は1,500円の定額販売、Windows / Mac用のATOKと比べるとかなり低価格に設定されています。
iPhone / iPadのどちらでも使用できますが、現在のバージョン1.0.1では機能制限があるのと、機種別に機能が異なるなどちょっとした注意が必要です。

機能の違いや制限など、特長は以下の通り。

  • iPhoneではフリックキーボード入力のみ、QWERTYキーボード入力は使えない。
  • iPadのみ、QWERTYキーボード入力が使える。
  • iPhone 6 Plusのみ、右寄せまたは左寄せのフリックキーボード入力が使える。
  • 定型文の入力はiPhoneのみ。
  • ハードウェアキーボードでは使えない。(iOSの制限)
  • パスワード入力などでは使えない。(iOSの制限)

この中でキツいのは、iPhoneでQWERTYキーボードが使えないのと、ハードウェアキーボードでの入力が行えないこと。

現状のバージョンだけで見れば、フリック入力を行うスマホユーザーには良いかもしれませんが、Windows / Mac版と同じようにQWERTYキーボードでガシガシ変換したいというニーズのユーザーには向いていません。

iPhoneでハードウェアキーボードからQWERTYキーボードを叩けるようになるには、まずATOKがアップデートで対応すること、そして、iOS側の制限が解除されるかJailbreakでそういったTweakがリリースされる必要があります。

また、Android向けには定額制の「ATOK Passport」がリリースされていることから、すでにWindows / Mac用のPassportを使用しているiPhoneユーザーは、今後、iOS版のPassportがリリースされるのを待つのもアリかも。流石にその頃には、iPhoneにもQWERTYキーボードが追加されているでしょう。

ATOKforiOS 03ATOKforiOS 05

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー