「OS X 10.11」と「iOS 9」のシステムフォントに、Apple Watchの「San Francisco」が採用

Sanfrancisco Font OSX iOS9 01

6月に開催されるWWDC 15にてお披露目される予定の「OS X 10.11」と「iOS 9」には、新しいシステムフォントとして「San Francisco」が採用されているということです。

「San Francisco」フォントは、「Apple Watch」のWatch OS用のシステムフォントとして作られた新しいフォントファミリーで、Bold / Medium / Regular / Thin / Ultralight の5種類からなる英字フォント。小さな画面でも視認や可読がしやすい形状が特長となっています。

GitHubでは、Watch OSから抜き出した「San Francisco」が配布(もちろんApple非公式)されており、OS Xのシステムフォントである「Halvetica Neue」と置き換えることができるようになっていますが、「OS X 10.11」と「iOS 9」では、これが標準の形となるようです。

「Halvetica Neue」といえば、「OS X Yosemite」になってからシステムフォントとして「Lucida Grande」から置き換えられたばかり。この話が本当なら、わずか1年ちょっとでの交代ということになります。

Sanfrancisco Font OSX iOS9 02Sanfrancisco Font OSX iOS9 03Sanfrancisco Font OSX iOS9 04

iOSデバイスでは確かに見易いかも。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー