NTTドコモがドローンを内蔵した空中浮遊ディスプレイを開発、イベント演出や広告に活用

FlyingDroneDisplay 01

NTTドコモが開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」が発表されました。

球体のLEDビジョンを空中浮遊させることができるドローンで、ライブ会場などのイベント演出や商業施設でのアドバルーンとしての利用が想定されており、2018年度の商用化を検討しているそうです。

仕組みは、LEDが付いたフレームを回転させ、残像を利用して映像を360度に描写するようになっています。自転車のホイールに付けて映像を描写するLEDと同じ仕組みですね。

ドローン自体は中心部分にあります。
重量は3.4kg、直径88cm、描写できる映像の解像度は 144 x 136 px。

FlyingDroneDisplay 02

アドバルーンというか、アドドローン? 

関連するエントリー