80年代の8bitパソコン「MZ-80C」がミニチュアサイズで復活

MZ80C PasocomMini

あのHAL研究所が「PasocomMini MZ-80C」を発表。
1979年にシャープより発売された8bitパーソナルコンピュータ「MZ-80C」をミニチュアサイズで再現したもので、19,800円(税別)で数量限定発売されます。

発売日は10月中旬頃を予定、6月1日より予約受付を開始。
今後は、「PC-8001」や「FM-7」もラインアップに追加予定とのこと。 

PasocomMini MZ-80Cの特長

  • 筐体は手のひらに乗る1/4サイズ
  • 付属のカセットテープを入れ換えできるギミック付き
  • 「SmileBASIC」を搭載
  • 当時人気の高かったゲームソフトの3タイトルを実装 
  • SBCとしてラズベリーパイA+を搭載
  • 電源はmicroUSB接続なので、モバイルバッテリーでも動作
  • USBキーボード接続
  • 映像出力はHDMI 

中身はラズパイみたいですね。

HAL研究所といえば、あのカービィの開発元や任天堂の岩田社長がいたことで有名ですが、その前はマイコン、パソコン用のハードウェアメーカーだったんだそうです。

今回のこのパソコンミニ、やっぱりあのファミコンミニの大ヒットに触発されたのかな?

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー