ティム・クック「Mac mini」の重要なアップデート計画があることを示唆

Macmini 2014

気のせいでしょうか?
何だか、アップデートが放置されているような気がする「Mac mini」。

いんや、気のせいじゃない!
実際に2014年モデルの発売から3年もの間、新型モデルは登場していない。

でも、ティム・クックは「Mac mini」を忘れていたわけじゃなくて、ちゃんと目を向けていたみたいだ。

3年間もアップデートされていない不憫な「Mac mini」を愛するとあるユーザーが、ティム・クック本人のメールアドレス(tcook@apple.com)にダメ元で直談判してみたところ、なんと!?ティム・クックから返信があったようです。

クックからのメールでは、今後のアップデートについては詳しく言及されなかったものの、「Mac mini」のアップデートは計画されていることを示唆する内容が含まれていました。すぐにアップデートされるわけではないようですが、“Macファミリーにとって重要な製品になる”アップデートということで、もしかするとフルモデルチェンジされるかも?

気になるのは拡張性ですが、今のAppleの流れだと、USB-Cポートだけという懸念も。

できれば、RAMとHDDは簡単に交換できるユーザーフレンドリー設計で出してほしいですけども、贅沢かな?

関連するエントリー