2018年に発売されるiPhoneは4機種、有機ELを搭載するのは1モデルのみ

IPhone2018model

今年登場するiPhoneについて、DIGITIMES ResearchのアナリストLuke Lin氏からの情報としてDIGITIMESが伝えるところによると、2018年モデルのiPhoneは4種類開発中ですが、実際に発売されるのは3モデル。

液晶ディスプレイが2モデル、有機ELディスプレイが1モデルになるといいます。

開発中とされる4種類のiPhone

  • 5.7〜5.8インチの液晶モデル
  • 6.0〜6.1インチの液晶モデル
  • 6.0〜6.1インチの有機ELモデル
  • 6.4〜6.5インチの有機ELモデル

ですが、最終的に発売されるのは以下の3モデルになる可能性が高いということです。最終決定ではないので今後変更されることも考えられますが、以下のモデルがそれです。

発売される3種類のiPhone

  • 5.7〜5.8インチの液晶モデル
  • 6.0〜6.1インチの液晶モデル
  • 6.4〜6.5インチの有機ELモデル  

3モデル共に「iPhone 8」や「iPhone X」と同じ背面ガラスパネルの設計で、ワイヤレス充電に対応しています。最小モデルでも「iPhone 8」の4.7インチから1インチも画面サイズがアップしていますが、これはジャパンディスプレイのFULL ACTIVE液晶でベゼルレス化されるためで、本体のサイズは今とほぼ変わらないと思われます。

以前、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏による予想にもあった通り、Appleは当初、有機ELディスプレイを2モデルに液晶ディスプレイを1モデルに割り当てる予定だったようですが、最近になって有機ELディスプレイを1モデルに変更したそうです。

パーツの供給不足だけではなく、バッテリーの交換費用による損失などが影響しているのでしょうか?

これが本当なら、「iPhone X」の後継機種となるのは1モデルのみで、残りは廉価版ということになりそうですね。 

また、2018年モデルの「iPhone SE 2」については、5月〜6月頃に発表されるとしています。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー