Incaseが3Dプリンターを使った耐衝撃iPhoneケースを開発中

Incase iPhonecarboncase 01

日本では、Apple Storeで独占販売されているIncase。
デザイン性の高さと機能性の高さで人気のメーカーが、3Dプリンティング技術を持つCarbonと提携して新しいiPhoneケースを開発中です。

Carbonが特許を持っているDigital Light Synthesisというテクノロジーを使って、従来の3Dプリンターでは作ることができない複雑な格子構造で樹脂を形成し、軽量でありながら耐久性・耐衝撃性に優れた保護ケースが作成できるようになったということです。

Incaseは、iPad向けにはスリーブケースとブックカバーケースしか提供していませんが、このCarbonの技術を使った新しいケースでは、iPad向けのケースも開発されているようです。

Incase iPhonecarboncase 04Incase iPhonecarboncase 03Incase iPhonecarboncase 02

Incaseは、過去にメッシュ状の樹脂製iPhoneケースなどを販売していたことがありますが、あれとは全く異なるハイテクケースとなります。

タフネスケースに革命が起きるかも?

関連するエントリー

dtv