iOS向けiMovieがiPhone Xに対応、グラフィックの処理にMetalを採用

Imovie iPhonex

iOS向けのiMovieがアップデートされ、バージョン2.2.5になりました。

このバージョンより、iPhone Xのディスプレイに対応、画面の端まで表示されるようになりました。また、グラフィックスの処理にMetalが採用されました。(エンコードも高速化している?)

Apple純正アプリでありながらiPhone Xに対応するまで半年かかったのは、ちょっと時間がかかりすぎな気がしますが、アプリの動作自体に問題はありませんでしたし、無料提供されているアプリなので後回しなんでしょうか。

iMovie バージョン2.2.5

  • iPhone XのSuper Retinaディスプレイに合わせてアップデート
  • グラフィックスの処理にMetalを採用
  • 簡体字中国語のローカリゼーションが向上
  • 安定性が向上 

動作にはiOS 11.2以降が必要です。

 「iMovie」をApp Storeで

関連するエントリー