iPad向けにFinal Cut Proが登場、月額700円でM1チップ搭載iPadで使える

当サイトの記事には広告が含まれます。

FinalCutPro LogicPro foriPad 03

Appleより、iPad向けのFinal Cut Pro for iPadLogic Pro for iPadが発表されました。

ありそうでなかったiPad向けのFinal Cut Proがいよいよ登場。

価格は月額700円または年間7,000円。1ヶ月間の無料トライアル期間あり。5月24日よりApp Storeでリリース予定です。

Final Cut Pro for iPad

Final Cut Pro for iPad は、撮影、編集、仕上げ、共有ができる強力なツール セットを導入したビデオ編集アプリ。利用するには、iPadOS 16.4以降とM1チップ以降を搭載したiPadが必要です。

FinalCutPro LogicPro foriPad 02

対応するiPadのモデル

  • 12.9インチiPad Pro(第5世代または第6世代)
  • 11インチiPad Pro(第3世代または第4世代)
  • iPad Air(第5世代)

Appleシリコンと機械学習のパワーを活用した機能として、ビデオの被写体を背景から切り抜くシーン除去マスクや、音声からノイズを取り除き、よりクリアな音声にする声を分離といった機能も実装されています。

FinalCutPro LogicPro foriPad 06

FinalCutPro LogicPro foriPad 05

iPad向けならではの機能として、iPad Proのカメラを使って直接撮影することもできます。

Mac向けのFinal Cut Proは買い切りアプリで、価格が45,000円と高額なのでなかなか手が出ませんが、月額700円のiPad向けなら「ちょっと試してみようかな?」という気にさせてくれそうです。

そういう意味では入門用として良いかも。

FinalCutPro LogicPro foriPad 01

Logic Pro for iPadは、作詞作曲、ビート作成、録音、編集、ミキシングのための洗練されたツールの完全なコレクションを使用して、クリエーターがどこにいても音楽制作ができるアプリ。利用するには、iPadOS 16.4以降とA12 Bionicチップ以降を搭載したiPadが必要です。

今回発表されたFinal Cut ProとLogic Proのfor iPadでちょっと気になったのが、日本語サイトではfor iPadの部分が「iPadのための」という表記になっていたこと。

そこまで日本語化せんでもよくね。

関連するエントリー

PR

 楽天モバイル Rakuten最強プラン

3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、20GBからは無制限で3,278円の最強プラン!楽天回線エリアならデータ通信使い放題、お電話かけ放題。