かつて無料配布されていたOCNモバイルONEのSIMカードを使った錬金術の手口

SIM SMS renkinjutsushi

朝日新聞の紙面と朝日新聞デジタルで、MVNOによるSMS認証を悪用した手口が紹介されていました。

一部のMVNOでは、未契約の状態でもSMSが利用できるSIMカードがあり、それを使ってSMS認証でLINEやメルカリなどで匿名のアカウントを大量生産。キャンペーンなどのポイントをゲットしたり、匿名アカウントそのものを販売するという「錬金術」の手口が語られています。

どことは書いていませんが、このMVNOは「OCNモバイルONE」のことです。

「OCNモバイルONE」のSIMカードは、ゲオで無料配布されていた時があります。
それをゲットして安い中華スマホに挿し込む、これだけです。

「OCNモバイルONE」のSIMカードの内、SMS機能付きのものは、システム的に未契約の状態でもSMS機能だけは使うことができた(今はどうだか知りませんが、2017年の時点はできた)ので、それを使ってSMS認証が必要なアカウントでもバンバン作れるというわけです。

紹介されていた錬金術の一部

  • LINEでアカウントを作って、LINEポイントの美味しいキャンペーンでポイントをゲットする。それをLINE Payに変換して使う。
  • SMS認証が必要な割引クーポン(かなり前のZOZOTOWNのクーポンみたいな美味しいやつ)を大量ゲットする。
  • メルカリなどで偽ブランド品やヤバイ商品を売る。
  • スマホの課金ゲーやメルカリなどの匿名アカウントを作って売る。

この中で最も手軽な錬金術は、LINE Payの例でしょうか。
というか、こいつらのせいで2%ポイント還元が無くなったんじゃないのか?

規模が大きいものでは、アカウントの販売でかなり儲けたヤツがいるようです。

朝日新聞の紙面(4月9日)によると、昨年6月に男2人が私電磁的記録不正作出という罪で逮捕されていますが、この男らは、課金ゲーやメルカリなどのアカウントを約11万件も作り、それを1アカウント800円〜900円で販売して、合計で3千万円近い売上があったとしています。

かなりのやり手ですね。
逮捕されちゃいましたが、お金が没収されないのなら勝ち組でしょう。 

MVNO側の対策

「OCNモバイルONE」はSIMカードの店頭販売を止めて、契約後にSIMカードを発送する方式に変更。
「IIJ mio」もそうだったようで、現在は未契約の段階ではSMSは使えないように変更されています。 

 OCN モバイル ONE SMS対応SIM

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited