Macの不要なファイルをサクッと削除して空き容量を確保する

Mac akiyouryoukakuho 07

とあるアプリをアップデートしようとしたら「空き容量が足りないのでアップデートできません」という警告。

Macの空き容量を確保すべく、不要なファイルを削除することにしました。

こういう時はクリーニングツールが役に立ちます。

以前は、サードパーティ製のちょっと怪しいクリーニングアプリ(何故か無償提供されている)を使わないといけませんでしたが、今はmacOS標準で搭載されている「ストレージの管理.app」を使って、安心安全にクリーニングが行えるようになっています。

ストレージの管理.app」を使うには、Spotlightで検索するか、 > このMacについて > ストレージから「管理」をクリックします。

ストレージの管理では、各項目別にファイルを削除して空き容量を確保する提案があり、それに従うだけでも、そこそこ空き容量が増やせます。

Mac akiyouryoukakuho 01

GarageBandのサウンドライブラリを削除するだけで2.38GBの容量確保。

サウンドライブラリは再インストール可能なので、削除しても問題なし。

Mac akiyouryoukakuho 02

使っていないのであれば削除しても良さそうです。

Mac akiyouryoukakuho 06

iTunesムービーの最適化をすると、ダウンロードした動画を自動的に削除できます。

Mac akiyouryoukakuho 04

メールのストレージも最適化。
わずか30MBの確保ですが、ちりつもで。

Mac akiyouryoukakuho 05

メールの添付ファイルが自動ダウンロードされなくなるので、セキュリティ的なメリットもあります。

Mac akiyouryoukakuho 03

書類の項目では、ローカルに保存されているファイルの内、ファイルサイズの大きなものを抜粋したり、各フォルダのサイズを一覧表示して、中に入っている“忘れ去られたゴミファイル”をあぶり出すのに役立ちます。

不要なゴミファイルを削除したら、ゴミ箱を空にしてクリーニング完了!

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited