2020年モデルのApple TV 4K、A12Xチップ搭載で近日登場か?

Appletv4k 2020

新しいApple TV 4Kの登場が近いようです。

Jon ProsserのTweetによると、新しいApple TV 4KはA12X Bionicチップを搭載し、64GB128GBのストレージ容量で登場するといいます。スペック情報の画像もあるようですが、リークした人物が特定される可能性があるので共有はできないとのこと。

タイミング的に6月22日のWWDC20で発表されるかもと予想していましたが、それより早く登場するようです。

現行のApple TV 4Kと比べて、どう変わるのでしょうか?

Apple TV 4K 2017

Apple TVとしては第5世代モデルになります。
SoCはA10X Fusionチップを搭載、2017年に発売されたiPad Proと同等の処理能力です。

ストレージは32GB64GB
4K HDR、Bluetooth 5.0、AirPlay2、ギガビットイーサなどに対応。

価格は32GBモデルが19,800円、64GBモデルが21,800円(それぞれ税別)。

Apple TV 4K 2020

新しく登場するというApple TV 4Kは、第6世代モデル。
Apple TV 4Kとしては第2世代モデル。

SoCはA12X Bionicチップということで、2018年に発売されたiPad Proと同等の処理能力になります。Face IDが初搭載されたiPad Proですね。あれと同じくらいの処理能力になるということです。

また、ストレージ容量も32GB / 64GBから64GB / 128GBにアップグレードされています。

ちなみに、このところステイホームで過ごす人が増えたことでVODサービスやセットトップボックスの需要が高まっていますが、セットトップボックスに関しては、どちらかと言えばシンプルに動画鑑賞ができる5,000円前後の手頃な製品(Fire TV Stick、Chromecast、Apple TV 3)に人気が集まっているようです。Apple TV 4KやApple TV HDはやや高価なモデルとなるので、いうほど品薄状態にはなっていません。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

くりこしプランMは2,480円(税込2,728円)でデータ容量15GB、余ったデータは翌月繰越、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る!