コストダウンされたApple TVが今年後半登場、Fire TVと勝負できるか?

Appletv costdownmodel 2022

新型のApple TVが今年後半に登場するようです。

アナリストのMing-Chi Kuoさんのツイートによると、Appleは2022年の第2四半期にコストを削減した新しいバージョンのApple TVを発売するということで、これまでより安価になったApple TVの登場が期待できます。

現行モデルのApple TVの価格

  • Apple TV HD:17,800円
  • Apple TV 4K:21,800円 / 23,800円

Apple TVは、動画コンテンツを視聴する純粋なセットトップボックス(ストリーミングデバイス)ではなく、iOSベースのtvOSで動作するデバイスなので、アプリやゲームも楽しむことができます。しかし、ほとんどの人が動画視聴を目的として購入しているので、競合するデバイスとしてAmazon Fire TVシリーズやGoogle Chromecastがあります。

その中でもAmazonのFire TV Stickは、動画視聴用のデバイスとしては最高のコストパフォーマンスを誇っていて、TVのHDMIポートに差し込むだけで使えるという手軽さから、ストリーミングデバイスでは一強状態にあります。直接的な競合デバイスとして挙げるなら、据え置きタイプのFire TV Cubeもありますが、こちらはあまり売れていないので、ユーザーが求めているストリーミングデバイスの価格帯の目安は、Fire TV Stickの5,000円台ということになります。

Fire TVシリーズの価格

  • Fire TV Stick:4,980円
  • Fire TV Stick 4K Max:6,980円
  • Fire TV Cube:14,980円

コストダウンされたApple TVがどういったタイプで登場するかについては不明ですが、今のAppleからFire TV StickやChromecastのようなスティックタイプのストリーミングデバイスが登場するとは考えにくく(iPod Shuffleを出していた頃のAppleなら出していたかもしれないけど)、据え置きタイプのApple TVのままでコストダウンが行われたとしても、Fire TV Cubeと同価格帯に落ち着くのが限界ではないでしょうか。4Kに対応しつつコストダウンを行い、15,000円前後で登場するというのが、現実的な見通しとしてありますが、それだと魅力はそれほど感じませんね。

現行のApple TVがどれだけプレミアムなモデルかというと、専用リモコンのSiri Remoteがありますが、これは単品販売だと6,500円します。ただのリモコンなのにFire TV Stickより高いんですね。Fire TV Stickは音声認識リモコン付属で4,980円。どちらを選ぶ人が多いかは明白です。

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。