iPhone 13 Pro搭載カメラは4つ、64MP広角とアナモルフィックに40MP超広角と望遠

2021年の秋に登場する「iPhone 13」に搭載されるカメラユニットについて、早くも期待値が高まりそうな噂が出ています。

それは、iPhone 13シリーズには、4つのカメラレンズ+LiDARスキャナが搭載されるというもの。

IPhone13prorumor camera

カメラレンズの数から、おそらくハイエンドモデルの「iPhone 13 Pro」に搭載されるカメラユニットのことだと思われます。

2020年モデルの「iPhone 12 Pro」から、さらにカメラレンズが1つ増えることになりますが、LiDARスキャナは据え置きのため、カメラモジュールのデザインから変更されることになるでしょう。

「iPhone 13 Pro」に搭載される背面カメラユニットの内訳は、以下のようなものになるといいます。

iPhone 13 Proの搭載カメラ

  • 64MP 広角レンズ:1倍光学ズーム、6倍デジタルズーム
  • 40MP 望遠レンズ:3〜5倍光学ズーム、15〜20倍デジタルズーム
  • 64MP アナモルフィックレンズ:アスペクト比1:2.1
  • 40MP 超広角レンズ:0.25倍光学逆ズーム
  • LiDARスキャナー 4.0

メインカメラは64MPの広角レンズ。
「iPhone 11」シリーズを参考にすると、64MPのメインカメラはミッドレンジモデルの「iPhone 13」にも搭載されることになります。

有効画素数6,400万画素のカメラユニットを搭載しているスマートフォンとしては、すでにGalaxy S20などがあります。それらを参考にすると、メインカメラが64MPになったスマートフォンでは、8K(7,680×4,320)のビデオ撮影が行えるようになります。

現在は4Kまでなので、今の2倍の解像度で動画撮影が行えるようになるということですね。

本来、この64MPカメラは2020年モデルの「iPhone 12」シリーズに搭載されると言われていましたが、1年延期されて2021年モデルの「iPhone 13」シリーズに搭載されることになります。

聞き慣れないアナモルフィックレンズは、映画のワイドスクリーンを撮影するためのレンズです。アスペクト比は1:2.1ということで、そのまま映画撮影にも使えるようになっています。

こちらの情報は開発中のもので、今後変更される可能性もあります。

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。