前モデルより50%パワフルになった新型Fire TV Stick、スペックは4Kと同等

当サイトの記事には広告が含まれます。

Firetvstick 3rd

TVに挿すだけでサブスクサービスを楽しめる「Fire TV Stick」に、ニューモデルが登場しました。9月30日から発売開始されます。

今回のバージョンアップは結構スゴイかも!?

第3世代となる新型「Fire TV Stick」の主なスペックは、クアッドコア 1.7 GHz、GPU IMG GE8300、8GBストレージ、Bluetooth 5.0 + LE、HDR対応、Dolby Atmos対応となり、ハイエンドモデルの「Fire TV Stick 4K」と同等のスペック。以前の第2世代と比べると50%もパワフルになります。

これによってアプリの起動や操作はよりサクサクになり、HDR対応による鮮明な映像やDolby Atmos対応による臨場感のあるサウンドも楽しめます。全体的なスペックが一気に底上げされた感じ。

それでいて、販売価格はこれまでと同じ4,980円

「Fire TV Stick 4K」よりも2,000円安いので、4Kは必要ないという人はこちらが断然お得になります。

セットアップはTVのHDMI端子に接続するだけ(電源は専用アダプターから供給)。付属のリモコンだけで操作ができるので、スマホアプリは必要ありません。

よく勘違いされがちですが、実はAmazon Prime Videoに登録していなくても使えます(セットアップ時にAmazonアカウントは必要ですが)。NetflixやU-NEXTなど他社のサブスクサービスだけを使いたいという場合でも使えるので、非常にユーザーフレンドリーなデバイスだと思います。

 新登場 Fire TV Stick

関連するエントリー

PR

楽天モバイル