Apple Watch 5とSEで充電できない不具合が発生、無償修理で対応へ

「Apple Watch Series 5」と「Apple Watch SE」の一部で、省電力モードになった後に充電されなくなるという事例が報告されているということで、Appleが無償修理サービスを開始しました。

また同時に、この症状の発生を防ぐ「watchOS 7.3.1」がリリースされています。

Applewatch chargebugfix

この問題が発生するのは、watchOS 7.2とwatchOS 7.3を適用した「Apple Watch Series 5」と「Apple Watch SE」。

これらのモデルで、省電力モードになった後に充電できなくなるという症状が発生した場合のみ、無償修理の対象となります。

無償修理の対象かどうかの確認方法

該当のモデルを使っている方で無償修理の対象かどうかを確認するには、充電器の上にApple Watchを置いて30分以上待ちます。

それでも充電が開始されない場合は、無償修理の対象です。

Appleサポートに問い合わせると配送修理が手配されます。

症状が発生していない「Apple Watch Series 5」と「Apple Watch SE」は、ソフトウェアアップデートからwatchOS 7.3.1へアップデートすることで、この問題の発生を防げます。

無料配送修理の手続きについては、リンク先のAppleサポートを御覧ください。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

くりこしプランMは2,480円(税込2,728円)でデータ容量15GB、余ったデータは翌月繰越、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る!