色味の違いをチェック、iPhone 13とiPhone 13 Proの実物写真

IPhone13 color 03

iPhone 13シリーズの実物の写真が、中華SNSのWeiboにアップされています。

製品写真と実物とでは若干色味の違いがあるので、それを判断するのに丁度いい写真ですね。

写真左から、ミッドナイト、ピンク、スターライト、ブルー、レッド

製品写真と見比べてみると、概ね写真通りですね。

今回より、ホワイトからスターライトへと色の名前が変更されていますが、観た感じホワイトとそんなに変わらないカラーリングになっています。

ミッドナイトも同様にブラックと見分けが付きません。

 

IPhone13 color 01

新色のピンクは実物の方がちょっと色が薄め。
写真の彩度が低いからでしょうか。

製品写真よりも実物の方が、より“薄ピンク感”があります。

iPhone 12の時もグリーンなどは製品写真よりも色味が薄かったので、そういうものなんでしょう。

IPhone13 color 04

こちらはiPhone13 Proの実物写真。
左から、グラファイト、シルバー、ゴールド、シエラブルー

ツヤツヤのiPhone13とは全く違い、金属的な質感があるのが分かります。これは、背面ガラスにテクスチャードマット加工が施されているからです。カメラユニットも一回り大きくなっています。

IPhone13 color 02

製品写真と比べると、グラファイト、シルバー、シエラブルーはそのままの色味であることがわかります。

ただ、ゴールドのみ、製品写真と実物とで色味にかなりの違いがあります。

IPhone13 color 05

製品写真は暖色系の色温度で実物写真は寒色系の色温度なので、その違いもあるとはいえ、ゴールドを選ぶ時は色味の違いにちょっと注意が必要かもしれません。

iPhone 12と比べてかなり地味になったiPhone 13のカラーバリエーションですが、テコ入れで何らかの新色が後々追加されることも考えられます。iPhone 12の時はパープルが追加されました。

関連するエントリー

楽天モバイル