パスワード管理アプリのBitwardenがパスキーに対応

当サイトの記事には広告が含まれます。

パスワード管理アプリのBitwardenがパスキーに対応したことを発表しました。

ブラウザ拡張機能を使っている場合は、Webサイトでパスキーを生成すると自動的にBitwardenに保存できるようになります。

BItwarden macOS 1

BItwardenは、無料でも使えるパスワード管理アプリ。
Windows / macOS / Linux / Android / iOS / iPadOSとマルチプラットフォームに対応。Bitwardenのサーバーを介して、パスワード情報を複数のデバイス間で同期できます。

パスキーとは、生体認証などを用いることでパスワード無しでログインできるようになる技術です。スマートフォンをセキュリティキーの代わりとして使えるようになり、パスワードを覚えなくていいので、楽といえば楽ですが、パスキーはデバイスに紐付けされるので、そのデバイスが故障したり紛失・盗難などで使えなくなった場合は厄介というデメリットもあります。

仮に、デバイスを紛失した場合は、別のデバイスからログインしてパスキーを削除する手続きを行わないといけません。

BItwarden macOS 2

Bitwardenは、ログイン情報、カード情報、ID情報、セキュアメモを保管できます。

マルチプラットフォームで使えてデバイスの制限なし、個人なら無料で使えるということで、最もおすすめできるパスワード管理アプリとなります。

BItwarden macOS 3

ハッキング被害にあったLastPassからの移行にも最適です。

ログイン情報の自動入力やインポートが使えるブラウザ拡張機能は、Chrome / Safari / Firefox / Vivaldi / Opera / Brave / Microsoft Edge / Tor Browser / DuckDuckGoとほぼ全てのブラウザに対応しています。

関連するエントリー

PR

 本を聴くAudible 無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。