無線LANの802.11nは5GHzにすると高速になる

当サイトの記事には広告が含まれます。

airmacwifi80211n1.png

How-to: set up dual-band WiFiによると、無線LAN規格802.11nを使う場合は、周波数帯域を2.4GHzではなく5GHzに設定すると、より高速な通信が可能になるとか。

Bluetoothやワイヤレスマウス、コードレス電話から果ては電子レンジまで、多くの家電製品が使っている帯域が2.4GHz。その為、環境によっては2.4GHz帯域の干渉が酷く速度もあまり出ないという場合があり、周波数帯域を5GHzにすることで、余計な干渉を回避できるのだそうです。

(現行のiPhone / touchは 802.11n に対応していません。新型iPhoneから 802.11n に対応する予定となっています。)

airmacwifi80211n2.jpg

Air Mac / TimeCapsuleの人は、Air Macユーティリティーの手動モードから設定できます。

(豆知識:Optionキーを押しながら無線モードを選択すると、802.11bのみの項目などが出るよ。)

airmacwifi80211n3.png

電子機器が1カ所に集中しているウチの環境では、802.11n (802.11b/g 互換) Wi-Fi経由でTimeMachineのバックアップを取ると、ワイヤレスマウスの挙動がおかしくなったりしていたのですが、802.11n のみ (5GHz) で試すとそういう症状が出ませんでした。

5GHz、いいと思います。

関連するエントリー

PR

 無料体験 Amazon Music Unlimited

音楽聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる!インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料でお試し。