iOS版「Adobe Reader」がリリースされるも、他アプリの引き立て役に

pdfreaderapp.PNG

先日、iPhoneやiPadでpdfファイルを表示することができるiOS版の「Adobe Reader」がリリースされました。機能は非常にシンプルで、pdfファイルを表示するのみの無料アプリです。

pdfファイル“も”表示することができる他のビューアーアプリと比べて、どのような違いがあるのでしょうか?簡単に比較してみました。

pdfの表示ができるiPhoneアプリでの比較

Adobe Readerによるpdf表示 Cloud Readersによるpdf表示 Air Sharingによるpdf表示

左から、「Adobe Reader」「Cloud Readers」「Air Sharing」によるpdfの表示画面です。

表示画面の大きさは「Cloud Readers」、その他の部分では殆どどれも同じような使い勝手。文書の表示速度も大差はありません。

pdfの表示ができるiPadアプリでの比較

Adobe Readerによるpdf表示 Cloud Readersによるpdf表示

左から、「Adobe Reader」「Cloud Readers」によるpdfの表示画面です。

このように、どのアプリでもpdfファイルの表示は殆ど同じで、あえてiOS版「Adobe Reader」でpdfを見る必然性はどこにも見当たりませんでした。それどころか、他のビューアーアプリを引き立てる結果になってしまっています。

Adobeは何故コレを今更リリースしたんだろう・・・。

CloudReaders pdf,cbz,cbrAppStore
ジャンル:ブック
バージョン:1.240
価格:無料

Air Sharing (Universal)AppStore
ジャンル:仕事効率化
バージョン:2.8
価格:¥450円

関連するエントリー