「RunKeeper」で記録された位置情報の異常なログを、正常なログに戻す

runkeeper_gpspoor.png

ジョギングなどの日常的ワークアウトから自転車などのアクティビティまで、手軽に運動の記録を残す事が出来る「RunKeeper」において、まれにですが、位置情報がおかしい状態でアクティビティログが生成されることがあります。

具体的には、スタート地点が変な位置で記録されていて、実際には4kmしか走っていないのに何故か11kmも走ったことになっていたりします。この症状は、3G回線に繋がっていてもいなくても発生することがあるので、天候によるGPSのエラーが原因なのでしょうか。

まあ、詳しい原因はともかく、折角走ったのにその記録を消してしまうのは勿体ないので、この修正方法をご紹介します。

RunKeeperアクティビティログの修正方法

  1. RunKeeperのサイトにログイン。
  2. Activitiesから、修正したいログを選択してEdit。
  3. 異常なスタート位置の緑ピンを、右クリックして削除。
  4. 修正したログをSave。

あとは、iPhoneアプリのRunKeeperを立ち上げるだけで、自動的に同期されログが修正されます。

RunKeeperAppStore
ジャンル:ヘルスケア/フィットネス
バージョン:2.5.2.0
価格:¥0

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited