画像加工ツール「Fotor」が複数ファイルのバッチ処理に対応していた

Fotor Mac batch 01

久々に起動してみたら・・・

フリーのフォトレタッチアプリ「Fotor」のMac版とWindows版が、知らない間に複数ファイルのバッチ処理(一括処理)に対応していました。バージョン2.0のアップデートで追加された、新機能だということです。

バッチ処理では、複数の画像ファイルの リサイズ、リネーム、jpg / png / bmp / tiff形式での保存、明るさ調節、エフェクト、フォトフレームの設定などを行うことが出来ます。

ファイルの追加はフォルダ指定のみで、ドラッグ&ドロップには対応していませんが、加工用のフォルダをあらかじめ決めておけば問題無し。

これまでのFotorといえば、複数の画像ファイルを1つの画像ファイルにする「コラージュ」と、「フィルターエフェクト」や「チルトシフト」などの加工が主な用途とされてきましたが、今回のバッチ処理への対応により、さらに使える画像加工ツールとなりそうです。

Fotor Mac batch 03

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited