iMac 21.5インチの低価格モデルが早速分解、メモリがボードに直付けで交換不可能なことが確定

IMac21 5 2014 motherboard

Mac関連製品を発売している米国のメーカーOWCが、昨日発売されたばかりの低価格iMac 21.5インチを購入して分解レポートを公開しています。

気になる部分といえば、やっぱり“拡張不可能なオンボードメモリ”の存在でしょう。Apple Storeの購入時のオプションでも増設できないという時点で、何となく察しがつきますが・・・。

公開された写真によると、メモリはチップ単体でロジックボードにしっかりと直付けされており、素人による交換や増設はほぼ不可能と見て良さそうです。

といっても、分解してメモリを増設するようなコアユーザーは、オールインワンのiMacをあまり選択しないイメージがあるので、実際にはそれほど影響は無いのかもしれません。

関連するエントリー