Mac mini (Late 2012) のメモリを増設する [Mac/Tips]

Macmini memory update top

Mac mini (Late 2012) には2つのメモリスロットがあり、初期状態では合計4GB(DDR3 1600 MHz 2GB x 2)のノート用メモリが装備されています。しかし、プリインストールされているOSがメモリ喰いの「OS X Mountain Lion」ということもあり、わずか4GBのメモリ量ではメモリ不足との闘いに悩まされること必至。

そこで、購入して真っ先に行いたいのが「メモリの増設」です。

現在、メモリの価格はかなり安くて、8GBのDDR3 1600MHzメモリでも3,000円ちょっと。わずか6,000円で最大容量の16GBに増設可能です。Mac miniは、メモリの交換・増設作業も容易に行うことができるので、サクッと増設しちゃいましょう!

Mac miniのメモリ交換・増設の手順

Macmini memory gradeup 01

  1. 裏蓋を回転させて外します。

Macmini memory gradeup 04

  1. 机の脚など金属に触れて、体内の静電気を放電。袖をめくります。
  2. ツメを広げるとメモリが斜めに立ち上がるので、引き抜きます。

Macmini memory gradeup 02

  1. 新しいメモリを斜めに差し込み、ツメがはさまるまで下に押さえます。

Macmini memory gradeup 03

  1. 裏蓋を元に戻して完了。

メモリテストを行う

メモリの品質が原因のトラブルというのも希に存在します。念のため、新しいメモリに交換したときには、そのメモリに欠陥が無いかメモリテストを実行しておきましょう。

ここでは、GUIで使えるMac OS X用メモリテストツール「Rember」を使用しています。

Mac memorytest rember 01

全てのメモリを認識しているかチェック。

Mac memorytest rember 03

16GBもあるので、テスト終了まで20分程度かかります。
テストの精度を高めるには、テスト数回を数回に設定してください。

Mac memorytest rember 04

エラーがなくメモリテストが終了したら、「All tests passed!」という表示が出ます。

Mac memorytest rember 05

テストの詳細はログで確認することができます。

 楽天でDDR3 1600を探す

 ヤフショでDDR3 1600を探す

関連するエントリー

ahamo