21.5インチiMac 4KはCPU/RAM/HDD交換可能、ただしロジックボードを取り外す必要あり

IMac 2017 Bunkai 02

iFixitが、2017年モデルの「21.5インチ iMac Retina 4Kディスプレイ」の分解レポートを公開しました。

分解・修理のし易さは10段階中3とイマイチな評価ですが、驚いたことにCPU / RAM / HDDは交換可能となっています。

ただ・・・そう簡単にはいかないのがApple製品。

HDDの交換はディスプレイアセンブリを取り外すだけで可能ですが、メモリを増設したりCPUをアップグレードするには、一度、ロジックボードを完全に取り外さなければいけない構造となっています。

低評価の理由はそこにあるみたい。

また、ディスプレイアセンブリは粘着シールで貼り付けられているので、一度分解したら粘着シールを新品交換する必要があり、手間とコストがかかります。

IMac 2017 Bunkai 01

メモリはGDDR5 2400MHz SDRAM。
ロジックボードを取り外すことができれば、簡単に交換できるが・・・。

IMac 2017 Bunkai 04

CPUもおんなじ。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited