「iPhone 6s」の外装はiPhone 6より2g軽量化され、厚みが増して曲げに強くなっている

当サイトの記事には広告が含まれます。

IPhone6s thin 03

9月9日に発表される「iPhone 6s」のリアシェルの厚みと重さを計測して、「iPhone 6」のリアシェルと比較した動画がYouTubeにアップされました。

これまで出ている噂の中で、“iPhone 6sの外装は曲げに強い7000番台のアルミ合金が使用される”というものがありますが、外装の厚みそのものに関してもかなりの違いがあるようです。

IPhone6s thin 01

「iPhone 6」の外装の厚みは1.14mm。

IPhone6s thin 02

それに対して、「iPhone 6s」の外装の厚みは1.9mm

今回の動画では曲げ実験は行われていませんが、厚みが増したことで曲げ耐性はより向上しているとみられています。また、厚みが増しているにも関わらず重量に関しては、「iPhone 6」が27gなのに対して、「iPhone 6s」は25gと2gも軽量化されています。

気になる曲げテストは、今後アップロードされる予定。

関連するエントリー

PR

U-NEXT