Apple TV 4のAerialスクリーンセーバーをOS Xで使う方法

当サイトの記事には広告が含まれます。

AerialScreensaver for Mac 00

Apple TV 4のtv OSに内蔵されている「Aerialスクリーンセーバー」をOS Xに移植した「Apple TV Aerial Screensaver for Mac」がGitHubで配布されています。

このAerialは、世界各国の絶景を画面いっぱいに映し出す癒やし系のスクリーンセーバー。節電の為に、スクリーンセーバーを使わずにモニタの電源を落とす設定にしているユーザーが殆どだと思いますが、そればっかりじゃ味気ない。音楽再生中に立ち上げたりといった楽しみ方もできるので、一度試してみてはいかが?

使い方は、上のリンクからダウンロードして解凍。
フォルダの中にある「Aerial.saver」というファイルをダブルクリックしてインストールします。 

AerialScreensaver for Mac 01

あとは、デスクトップとスクリーンセーバの設定から「Aerial」に設定するだけ。
開始までの時間を10分〜20分程度に設定しておくと、そこそこ頻繁に起動されるはず。 

AerialScreensaver for Mac 02

さらに、スクリーンセーバのオプションから詳細設定が可能。
中国 / ハワイ / ロンドン / ニューヨーク / サンフランシスコの中から、お好みの風景を選択することができます。

AerialScreensaver for Mac 03

関連するエントリー

PR

U-NEXT