Apple、2018年発売のiPhoneに有機ELパネル採用の動き、供給元は韓国LG

LGFlexOLED

Appleが、3年後の2018年に発売を予定している「iPhone」のディスプレイには、従来の液晶パネルとは異なる「有機ELパネル」が採用されることが日経新聞によって伝えられています。

当面の間は生産数に限りが有ることから、iPhoneの全モデルが有機ELに置き換わる訳では無く、「液晶パネル搭載モデル」と「有機ELパネル搭載モデル」の2種類を並行して販売するとみられており、これを受けて、iPhone向け有機ELパネルの供給元となる韓国LGは、有機ELパネルの大規模生産ラインを新設する方針を明らかにしています。

有機ELパネルは、従来の液晶パネルよりも 省電力 / 色鮮やかな表示 / 視野角が広い / 応答速度が速い / より薄型 / 曲げ耐性があり曲面にも使用できる といった特長があります。一方で、経年劣化で焼き付きが発生するという弱点が挙げられますが、ある程度改善してからiPhoneに採用されるようです。

日本国内のメーカーでは、ジャパンディスプレイがソニーとパナソニックから有機EL事業を受け継いでいますが、有機ELの量産が始まるのは2018年にも・・・という状態。シャープはいわずもがな液晶一本で、有機ELについては研究開発中の段階。

今後、Apple製品が全面的に液晶から有機ELにシフトしていく事になった場合、日本のサプライメーカーに与える影響も少なくないとみられています。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited