iOS/OS XのSafariで検索するとクラッシュする不具合、サジェストが原因

Safari Crash Fix

追記:サジェスト検索でのクラッシュは修正されたようです。

Appleの純正ブラウザSafariで、URLバーから検索しようとすると落ちてしまうという不具合が世界中で発生している模様。しかも、iPhone / iPad / Macなど全てのApple製品で確認されています。

どうやらサジェスト検索候補を表示する為のサーバーが悪さをしているようで、この機能を無効にすると良いみたいです。全ての環境で発生するわけでは無いので、「俺のは問題ないけど?」という人はそのままで構いません。

iOS版Safari

  • 設定 > Safari > Safari検索候補 をオフにする

OS X版Safari

  • Safari > 環境設定 > 検索 > 検索エンジンの候補を含める をオフにする

CrashSafari.comに気をつけよう

これとは別に、iOS / OS X版どちらのSafariにもある種の脆弱性があるようで、「CrashSafari.com」にアクセスするとクラッシュまたは応答不能になってしまうことが最近報告されています。

SNSなどで短縮URLで偽装してこの「CrashSafari.com」を踏ませようとするケースもあるようですので、知らない人からのメッセージなどに短縮URLがあったら、Firefoxなど別のブラウザで踏むなど、ちょっと注意した方がいいかもしれません。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited