「IFTTT」が3/23をもって「Diigo」や「Readability」のサポートを終了

IFTTT deletechannel

2種類のWebサービスを連携させるWebサービスの「IFTTT(イフト)」が、3/23をもって、幾つかのWebサービスのサポートを終了することを明らかにしました。

3/23でサポートが打ち切られるWebサービスは、App.net, BuzzFeed, Campfire, Diigo, Etsy, ffffound, Last.fm, Readability, Yahoo Fantasy Sports, Yammer です。3/23以降はこれらのチャンネルは削除され、レシピも削除されるので使えなくなってしまいます。

日本のユーザーでも使っている人が多そうなのは、ブックマークサービスの「Diigo」、ハンドメイド製品を販売できる「Etsy」、アートな画像共有サービス「ffffound」、iTunesなどで再生している楽曲を記録して同様のジャンルが好きな人と繋がれる「Last.fm」、後で読むサービスの「Readability」などでしょうか。

正直なところ、「Diigo」以外は“時代遅れ”なサービスになってしまっている感がある(実際、レシピの利用者は少なめ)ので、サポート終了もやむなしな印象がありますが、これらのWebサービスのレシピを使っているIFTTTユーザーは、3/23までに代替サービスのレシピを登録するなどの対応が必要になってきます。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited