一部のiMacで有線LANが使えなくなる症状、アップデートでデバイスドライバ削除が原因

一部のMacで、有線LANでネット接続ができなくなるという症状が報告されており、Appleはこの症状を改善する方法を公開しています。

不具合報告が挙がっているのは、2月のセキュリティアップデートを実施したiMacの一部機種。このアップデートで、イーサネットアダプターBCM5701のデバイスドライバが削除されていたことが原因のようです。

Appleが公開した文書によると、インストールされている「Incompatible Kernel Extension Configuration Data」のバージョンが3.28.1だった場合は、3.28.2へアップデートすることで復旧することが可能ということです。

Mac Ethernet fixupdate

バージョンを確認するには

  1. 「option」キーを押しながら Apple メニューから「システム情報」をクリック。
  2. ソフトウェア > インストール > Incompatible Kernel Extension Configuration Data

日付が最も新しいバージョンが3.28.1だった場合は、アップデートが必要です。

Wi-Fiに接続できる場合のアップデート方法

  1. Spotlightで「アクティビティモニタ」を検索して開く。
  2. アクティビティモニタで「CPU」タブを選択、検索フィールドに「updated」と入力。

Activimo

  1. Spotlightで「ターミナル」を検索して開く。
  2. ターミナルに以下のコマンドを入力してアップデート。
    sudo softwareupdate --background
  3. 入力画面が表示されたら、OS X ユーザの管理パスワードを入力。
  4. アクティビティモニタの softwareupdated プロセスの CPU 使用率がゼロに戻ればアップデート完了。
  5. Mac を再起動します。

ネット接続自体が行えない場合は、ソース元の手順に従って復元することができます。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー