Cydia ImpactorとPanguを使って「iOS 9.3.3」を(紐付きで)Jailbreakする

 Panguios9 3 3 jailbreak 01

今回は、英語版のPanguを使ってiOS 9.3.3をJailbreakする方法をご紹介します。

PPHelperを強制インストールする必要があった中国語版とは違い、英語版はipaファイルで提供されているので、Cydia Impactorというツールを使用してiOSデバイスに転送、ホーム画面からPanguを起動してJailbreakするという手順になっています。

Cydia ImpactorはWindowsでもMacでも使えますが、ipaファイルを転送するにはApple IDが必要になります。また、紐付きのJailbreakとなっているので再起動する度にPanguを起動しなければなりません。

まずはバックアップ

Jailbreakの前には、必ずiTunesでバックアップを作成しておきます。

Panguios9 3 3 jailbreak 06

PanguをiOSデバイスに転送する

まずは、Cydia Impactorを使ってPanguのipaをiOSデバイスに転送します。

Lightningケーブルに接続してCydia Impactorを起動、ipaファイルをドラッグ&ドロップしてStart。

Panguios9 3 3 jailbreak 08

ファイルの転送にはApple IDが必要になります。
普段使用しているApple IDを使わずに、 Apple ID を作成から専用のApple IDを新規作成して、それを使った方が良いでしょう。

Panguios9 3 3 jailbreak 07

Apple IDとパスワードを入力。(パスワード入力フォームはcmd+vが使えないので、右クリックメニューからペースト)

Apple Developer Warningが出るのでOKをクリック。

Panguios9 3 3 jailbreak 09

ファイルの転送が終わったら、ホーム画面にPanguのアイコンが出現します。

そのままでは起動できないので、設定 > 一般 > プロファイルとデバイス管理 からファイルの転送に使用したApple IDを信頼します。

Panguios9 3 3 jailbreak 05

これで転送したipaファイルが起動できるようになりました。

再びホーム画面に戻り、Panguを起動。
STARTをクリックするとJailbreakが実行されます。

Panguios9 3 3 jailbreak 03

注意点

ただ、iOS 9.3.3のJailbreakは紐付きのJailbreakになるので、iOSデバイスを再起動する度にPanguアプリを起動する必要があります。

使用したApple IDの署名は7日間のみ有効、有効期限が切れたらまた 設定 > 一般 > プロファイルとデバイス管理 からAppを削除、転送してから信頼するまでの工程を繰り返す・・・つまり再インストールの必要があります。

Panguios9 3 3 jailbreak 04

・・・と、なかなか面倒臭いので、どうしてもCydiaアプリが使いたい場合を除いては、今回のPanguによるiOS 9.3.3のJailbreakはあまりおすすめしません。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー