Macの重要なセキュリティアップデート、任意のコードを実行される恐れ

Macに関する重要なアップデート情報です。

本日、「Security Update 2016-001 El Capitan」と「Security Update 2016-005 Yosemite」、そして「Safari 9.1.3」がリリースされました。

内容は、先日の「iOS 9.3.5」と同じ緊急のセキュリティアップデートで、悪意のあるアプリケーションに任意のコードを実行される脆弱性を修正するパッチとなります。

「Yosemite 10.10.5」と「El Capitan 10.11.6」はそれぞれのセキュリティアップデートと「Safari 9.1.3」をインストール、「Mavericks 10.9.5」は「Safari 9.1.3」にアップデートすることで、これらの脆弱性は修正されます。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited