macOS Mojaveのアップデート2020-005、バグ修正して再リリース

MacOSMovaje Update2020 005 01

macOS Mojave向けの「セキュリティアップデート2020-005」と「Supplemental Update」がリリースされています。

こちらのセキュリティアップデートは、macOS Catalina 10.15.7アップデート、High Sierraセキュリティアップデート2020-005と同じ9月24日にリリースされたものですが、Mojave向けのアップデートについては数多くのバグが含まれていたということで、アップデートの提供は一時的に停止された状態でした。

今現在リリースされているものについては、これらのバグを修正したものだということで「Supplemental Update」も一緒にアップデートされることをおすすめします。

Mojaveのアップデートで報告されていたバグの一部

  • Macの起動が極端に遅くなる
  • メモリ使用量がやたらめったら増える
  • 冷却ファンの回転数が上がる
  • システムの動作が重くなる
  • 移行アシスタントを使おうとするとクラッシュする
  • Finderに切り替えてもメニューバーのメニューがFinderのものに切り替わらない

なかなかヤバいバグですね。
メインのMacでこんな症状が出たら悲惨・・・。

やっぱりmacOSやiOSのアップデートは、数日〜数週間待って落ち着いてから適用するのがいいんでしょうか。特に古いモデルやバージョンのアップデートについては、絶対手抜きになっているので、ヤバ気なバグじゃなければむしろアップデートはしない方がいいまであるし。

MacOSMovaje Update2020 005 02

最新バージョンのmacOSにアップデートせずに、旧バージョンのままセキュリティアップデートを行うには、ソフトウェア・アップデートの「詳しい情報」のリンクから進みます。

関連するエントリー

Y!mobile